【警察学校入校式までの1週間】地獄の根性面接!その実態は?

警察学校での地獄の洗脳教育,今でも良い意味で社会で役に立っています。元警察官ブロガー松本誠です。

タイトルにある根性面接とは,警察官に採用され,警察学校に入校後の2,3日の間に実施される正式名称『入校後面接』のことです。学生の間では,根性試しをされ,根性のない者はそこで辞めさせれるということから『根性面接』と呼ばれていました

私のいた警察では,警察学校の入校式は入校後1週間後にありました。それまではスーツで授業です。要するに憧れの制服の袖に身を通すことなく退職させられる者が多くいました。

今は,世間の目もパワハラ,イジメなど目を光らせていますので変わってるかもしれませんが,私がいた時代は,当たり前のようにありました。

今回は,入校式までの1週間に起きる地獄の『根性面接』について記載していきます。入校後すぐの話は『いざ!!警察学校入校』を読んで下さい。

いざ!!【警察学校入校】

2018.09.07

警察学校入校2日目

期待の警察学校の朝,こんな写真見たいな綺麗な青空でも暗闇に見えました。

午前6時25分,爆音で寮内に警察学校歌が流れ,目が覚めます。寮内は慌ただしく,先輩達はすごく手際良く体操ジャージに着替え布団を綺麗にたたんでいます。

見様見真似で私たち新入期も用意します。5分後の6時30分になれば,みんな猛ダッシュでグランドに走っていきます。私たちも部屋の先輩に連れらて,グランドまでダッシュです。

朝の点呼です。各寮ごとに整列し,寮長が点呼を行い当直教官に報告します。

そこから,1500メートル声を出しながら隊列組んで駆け足です。起きて15分後でまだ目が覚めていませんし,物凄く体に悪く,1500メートルでもヘトヘトになります。

駆け足が終わればそのまま寮に帰り,洗面,食堂で食事と授業までの準備です。入校式後はそんなゆっくり出来ませんが。

2日のメインは,就職してからの必要な書類の記入,そして『教官室への入室要領』『地獄の歌唱指導』,授業終了後には今でも夢に出てくる『地獄の根性面接』です

警察学校の教官室に入るのは地獄

書類作成は,保険の手続きなどの会社に入った新入社員が初めに書く書類のようなものです。これも下書きなどは許されず教官が叫び倒している場所でボールペンで書かなくてはならないのですごい緊張感です。

雛型を渡され,その通りに後は考えて書け,という流れなのですが同じ教場の41名(1名脱落済み)の中,5名程が緊張のあまり本当に雛型どおりに丸々写していました。例えば氏名の欄に雛型には『警察太郎』と書かれていればそのまま『警察太郎』と記載。

それで怒鳴り散らされている同期を見て,『何でそんな間違えするんや』と何人か笑いを必死で堪えていたらもちろん,その同期達も教官から極刑にされていました。

2日目の授業に警察の基本的な動作の授業がありました。本格的な動作は入校後に教練という授業があるのであくまで基本的な敬礼の角度,踵の角度,回れ右や右向け右などです。

警察学校の教官に会うためには教官室という部屋に入らなければなりません。教官室への入り方には動作や声出し,全てにおいてルールがあります

それが出来なければ教官に要件を伝えれませんし,教官からの指示も受けれません。出来なければ暴力的措置を取られ,つまみ出されます。

ドアを半分開け,『失礼します』と腹の底から声を出し,敬礼(室内では帽子を被っていませんので腰を15度程度曲げての敬礼,足は踵をつけて45度)。サッと忍者の如く室内に入り,両手でドアを静かに閉める。その後は,回れ右をして,目的の教官に向かって歩く。教官の前で決まった文言を言い,三歩前へ・・・。

ってな感じで続いていきます。これを何一つ間違えず尚且つメリハリをしっかりつけた動作でないとダメで,それが出来てない場合は,教官室の外に出されます。それの繰り返しです。

大体,教官が入室要領を認めてくれるまで3週間〜4週間ぐらい掛かります。それまでは我慢です。

2日目にはこの入室要領を教官から1度だけ教えて貰えます。その夜から根性面接が始まりますのでそれまでには,ひと通り出来るようにならなければなりません。休み時間は同期と練習,食事の時は頭でイメージトレーニング,ちょっとした隙間時間は全て入室要領の練習に努めます。何せ根性面接が始まる夜までにマスターしなければなりませんから

警察学校入校2日目『地獄の歌唱指導』

午前中か午後かは,はっきり覚えていませんが新入期が全員,講堂に集められ2時限連続で歌唱指導があったのを覚えています。1時限が80分ですので160分の授業です。歌唱指導では, 警察学校歌,警察歌,君が代を練習します。

ただ歌うだけで何が地獄やねん!!

って思われると思いますがそれが地獄なのです。

歌う時は,もちろん腹から声を出し,背筋をピンです。それと何より,歌詞を覚えていませんので実務必携という広辞苑の一回り小さい法律などが記載された重たい本に歌詞が載っていますので本を両手で持ち,両手を前にしっかり伸ばした状態での練習です。

背筋を曲げることはもちろん,前に伸ばした腕を曲げたり降ろしたりすることは許されません。そのようなことをすれば・・・。想像はつきますよね。

歌唱指導中,教官が生徒に向かって

腕とか腰とか痛い奴おらんか?

と声を掛けました。私は,罠だと感づいたんですが何人かの生徒は手を上げ『腰が痛いです』『腕が限界です』など弱音を吐いてしまいました。その瞬間,私は『今そんなこと言ったらどうなるか分かるやろ』と心の中で思いましたが,時既に遅しです。

教官が一斉に

歌ってるだけの癖に何が痛いじゃ,何が限界じゃ

などと怒り狂い,手を上げた数名は,講堂の外に暴力的措置により,列外させられて行きました。列外とは,その場から外れることです。教官連中は完全に狙ってましたよね。

まぁ教官もどうかと思いますが,あの緊張感の中,その罠に感づかない連中も警察官として後々不安ですけどね。

そんな時間が160分も続くのです。これが地獄の歌唱指導です。

2日目のメインイベント地獄の根性面接

そしてその日の晩。その日のカリキュラムが全て終わり,食事を食べ,その後は寮にて待機です。

2日目・3日目は順番に担任教官及び副担任との2対1での入校時面接という通称『根性面接』があります。採用前の面接では分からなかったことを,再度入校後,すぐに面接を行い警察官としての資質,現場の警察官として通用するのかを見極める為の面接です。

初日から先輩に『すぐに根性面接(入校時面接)始まるで。覚悟しておいた方がいいで』と半分脅されていましたが私は,比較的怒られても右から左にできるタイプでしたので少し緊張はしていましたが,そこまで深刻に考えることはありませんでした。

順番を待っていたら面接を終えた学生が1人また1人と悲惨な顔をして帰って来ます。教場で面接を行いますので自分の番の3番前の者が戻って来たら行くシステムです。教場前に行って先に並んでいる生徒2人と共に椅子に座って待つという感じです。

私もとうとう順番が近くなり,少しドキドキしながら教場前の待機場所に迎いました。到着したら先に待っていた2人が椅子に座り,ガクブルガクブルと震えています。私は内心『子供じゃないんやから何をそこまでビビってるんや』と思っていましたがその理由はすぐに分かりました。

面接が行われている教場から罵声とドン・バン・バキなどの鈍い音と生徒の声で何度も『お願いします』と聞こえてきます。隣の同期と目が合い,その同期と『これヤバイよな。シバかれてるよな。ほんまに嫌やな』などと小声で喋っていると,怒鳴り声と鈍い音が段々出入り口の方に近づいてきました。

とその時です。教場のドアが開くと同時に面接を受けていた生徒が漫画みたいに吹っ飛びながら出てきて,廊下の壁にぶち当たりました。
担任教官である住吉教官も一緒に出て来て,その生徒の胸ぐらを掴み,また壁に叩きつけその後,その生徒はその場で崩れ落ちてこの世の終わりかってくらいの顔をしていました。教官がこっちを向いて

辞めるんやったら今のうちやぞ。こいつは終わりや。次入れ

と言い,次の者がそのまま入っていきました。

はい,そのまま入るのはNGです。せっかく入室要領を練習したのに教官に『入れ』と言われたので,そのまま『失礼します』とだけ言い,入ってしまいました。

アウトです。その者は面接をしてもらえず,教場にも入れてもらえないまま,そのままパワハラを受けただけで終わってしましました。

そして次の者も終了し,とうとう私の番です。

ドアをノックし,覚えたての入室要領です。そんなうまいこと出来ませんので何度もやり直しさせられましたがどうにか席に座ることが出来ました。

私の座り方が気に食わなかったのか,副担任の尾崎教官の机の上にあった灰皿(教官はタバコを吸いながら)が私目掛けて飛んで来ました。

当たらなかったのですが(怪我されたら困るのでワザと外した感じです)『おのれ,そんな座り方しやがって,舐めてんのか』と怒鳴られ,よく分からないまま何度もやり直しをさせられました。

質問はいろいろ聞かれます。私は,高校生の頃,バイクが好きでスピード違反など2,3回捕まっていましたのでそのことについてイカれまくったのは覚えています。相手は警察などで既に調べられていますので当然嘘はつけません。

私は,小さい頃から空手,高校では柔道もやっていましたのでそれなりに自分に自信はありました。もちろんそれはアピールポイントなので警察の願書などに記載していますので教官はそれを知っています。

住吉教官が急に立ち私の元にスタスタ歩いて来ました。私が何をするのかなと見ていると急に私の胸ぐらを掴み,立たせ

お前,空手と柔道やってたんやろ

と言い,急に体落としという柔道技で投げられました。こんな状況で防ぐことは許されないと思いその後は,何度も何度も床に投げつけられました。まぁ恐らく私が柔道経験者で受け身も取れ,怪我をしないと分かっていたので,投げたんだと思いますが。

罵声を浴びながら投げ続けられ,何度も何度も

お前はいらん。今すぐ警察辞めろ

と連呼され,私はただひたすら『お願いします』と意味分からんぐらい連呼していましたが,そのまま教場を引きずり出され終了です。

始まる前は,楽観的に考えていましたが,終わってみると『この世の終わり』みたいな顔になっていたと思います。

その日のその後のことは放心状態であまり記憶がないです。

次の日で根性面接は終了し,終わってみれば初日に1人辞め,根性面接で4人退職しました。まだ入校式さえしていませんのにもう5人退職です。(私のクラスだけで)

根性面接は必要か?警察辞めた今考えてみました

思い出しただけでも根性面接は地獄です。一生経験したくないですし,あんなもの警察や自衛隊以外でやれば終わりです。

今でも交流ある同期の警察官の1人が現在,警察学校の教官をやっていて聞いてみたら『入校時面接はある。でも根性面接ではない。今あんなことやったら絶対にあかんで。すぐに親が出て来て,マスコミにも言われるし。そもそも当時と違い,できるだけ辞めさせないようにしないとダメ』と言っていました。

警察学校も変わりましたね。ある程度は警察官になる上での厳しさは必要ですが,私がいた当時みたいに無闇やたらに怒って根性つけるって考えは古くナンセンスです。
甘くする必要なんてこれっぽっちもないですが。強い警察官を作ってもらわないと一般市民は,困りますからね。

さて,本題です。今はないということですが,当時の警察学校の根性面接は必要だったのかを考えてみました。

結論,必要ないと私は考えています。

警察官は現場へ出ればいろいろな悪党と対峙しなければなりませんので,根性なしのへなちょこはいりません。なので,警察官をやっていく上での根性はあるのか,この生徒は根性はつくのかを判断する上では何かやらなければなりませんが,根性面接である必要はないです。

また,後に紹介しますが警察学校では,柔道や剣道,逮捕術,警備実施など日頃の訓練でそれなりに見抜けるでしょうし,2大訓練である『徒歩訓練』『災害警備実施』などもあるのでわざわざ根性試しみたいな面接はいりません。

通用しないと判断された者を最初に辞めさすためかもしれませんが試験に合格して『さぁ頑張ろ』と警察官になった若者を判断するのに1日や2日で何が分かるのかと思います。もし,その時に多少弱くてもそれを強くするのが警察学校と警察学校の教官です。
権力と威圧で辞めさせて全くマネージメント能力ありませんよね。

私は当時,警察官になりたくて何回も受験し採用された身なので我慢し,そのうちその環境に洗脳され,正しいと思っていましたが今客観的に冷静に考えるとタダのアホですわ。

まぁ愚痴みたいになってしまいましたが根性面接やその他の地獄みたいな経験もマイナスにはなってないです。今の会社で多少怒られても全く動じなくはなっています。その辺は自分にとってはプラスかな。

まとめ

警察官を目指している方,この根性面接は全国の警察学校であるわけではありません。全国には『大丈夫か?』と逆に心配になるくらいの警察学校もあります。
私が所属していた警察も今はないと聞いていますし,安心して警察官を目指して下さい

でも,根性面接は必要ないと言いましたが逆にそれにヘコたれて辞める人間では通用しないです。警察学校には,根性面接みたいに意味が分からない行事以外にも,もっともっと苦しく厳しい訓練はたくさんありますので根性はなくても覚悟は必要です。ある程度の根性や強さは警察学校で身につきますので愚直に取り組むだけです。

 

そういえば先月,根性面接で辞めた寮が同じ部屋だった人がローソンで店長していました。向こうから声を掛けられて気づきました。元気そうだったので良かったです。私もそうですがみんな人生いろいろだなぁと感じました。

次回↓ ↓

【晴れて警察学校入校式】警察学校の無理難題の規則や課題,入校時の髪型はどうなのか?

2019.01.04
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。
    新選組の試用期間の度胸だめし(先輩隊員が夜間に急襲して全然対応できなかったり逃げたら即クビ)みたいなこと警察学校でもしてたことあるんですね。
    自衛隊あがりですが、警察学校て自衛隊より凄まじいとこだって知りました

    • こんばんは。自衛隊も大概でしょ笑 陸自普通科の同期がいましたが2ヶ月で退職しました。でも他の同期でレンジャー出身の子は余裕で生活してましたよ!
      新撰組の仮同志に近いかもしれませんね!笑 まぁでも警察学校は仮同志と違い、耐えれたらクビになりませんのである程度の気合いさえあれば大丈夫ですね。

  • 松本誠 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です